Tool is Over !
【ブログの趣旨】
便利なツールやネット上の使える情報を提供していくブログ
内容は、『ネタ・ツール・ROM・MP3・おもしろ動画・Flash・情報』で構成しています。
定番ツールだけを紹介するのではなく、あまり知られてない便利なツールも紹介
他のブログではあまり見かけない海外ソフトの紹介や使い方も記載しています
1日1回以上更新をするので見ている人が飽きないようなブログです
観覧してくれている人が満足するようなブログを目指して頑張って行きたいと思います
ξ゚⊿゚)ξ別に・・・・見て貰いたくて更新するわけじゃ無いんだからね////
【メールアドレス・更新履歴】
【連絡用アドレス】
Yahoo:tool_is_over@yahoo.co.jp
MSN:theleast_333sec@hotmail.co.jp
基本的にYahooメールしか目を通しません、MSNは登録用としてお使いください
【更新履歴[10/23]】
コメント欄の「http」を禁止ワード追加
ブログの記事カラムのサイズを変更
【募集要項】
馬鹿な管理人にやらせたいこと大募集中
人柱になって一生懸命レビューさせて貰います、お便りはメールにて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日紹介するのはDSのマジコン「DS R4」の使い方です
そもそもマジコンとはどういう物かといいますと
テレビゲームのROMカートリッジをコピーし、他のメディアに書き込みするための機械
マジコンにはいろいろと種類があるので気に入った物を使ってくださいな

【用意する物】
・R4 DS
・任天堂DS/DS Lite
・Micro SD
必要となる物は上記の3つ、R4にMicroSDに書き込みできるUSBが付属
マジコン本体はネットで検索すればすぐに見つかります
購入できるサイトは有名どころで「GAMEBANK」さんの所とか

【使い方】
①「R4 DS」の中に付属しているUSBを使って初期プログラムを追加
プログラムの配布元は公式サイトにUPされているのでそちらを使いましょう

R4 DS公式サイト(ミラー)
http://www.r4ds.net/
公式サイトが異常に重たくなっているため、ミラーサイトをお勧め
最新版は6月20日更新の「R4 v1.10 kernel」

②公式サイトから初期プログラムをDLしたら一通り解凍しておく
次にPCとUSBを接続してMicroSDにプログラムを書き込める状態にする
「R4 v1.10 kernel」の解凍した中身を「MicroSD」に書き込む
そして、「.nds」ファイルを置くフォルダを作成しておくこと
ここで一度USBを外してMicroSDを「R4」の本体に差し込んで起動してみる
起動した場合はメニュー画面が表示されます
もし、正常に動作しなかった場合は英語表記でエラー内容が表示

③正常に動作した方は「.nds」ファイルを先ほど作ったフォルダに書き込む
R4の特徴として「.nds」ファイルの変換する必要が無いのでそのまま遊ぶことが可能

R4専用のプロアクションリプレイなる物も存在するとかしないとか
簡単なR4の使い方は以上で終了です
スポンサーサイト
カテゴリ : 情報記事のURL トラックバック (0)|2007/06/29

とりあえず管理人が音ゲー好きだからってことではまっている「DTXMania」
某ゲーセンのドラムシミュレーターをPC上でプレイすることができます
家庭用コントローラーも使えるので練習にはもってこい
YAMAHAで売られている電子ドラムに使うってことが本当の目的らしい
音楽ファイルはGoogleとかで探せばたくさん見つかるので困りません

【使用するツール】
DTXMania

dtxm.png【ツールの特徴】
・「.gda」「.bms」「.dtx」などと多数のファイル形式に対応
・「.avi」ファイルの再生が可能[要マシンスペック]
・オプションいろいろで練習に最適
【サイトURL】
http://www.donburi.to/~from/dtxmania/



【使い方】
①上記のサイトから「DTXMania」をDLして適当なフォルダに解凍
解凍したらフォルダの中に「DTXFiles」というフォルダを作成する

②先ほど作成した「DTXFiles」というフォルダの中に楽曲が入ったフォルダをぶっ込む
いくつかフォルダの中に楽曲を追加したら「DTXMania」を起動させる
「DTXMania」起動時に楽曲ファイルを読み込んでくれている動作があれば完了
あとは設定などを「Option」から変更しておきましょう

一応設定次第でドラム譜面だったら何とか遊べます
流石にギター譜面をキーボードでプレイするのは難しいです><
あと、無線式のキーボードだとドラム譜面を遊ぶのもきつくなります
カテゴリ : ツール記事のURL トラックバック (0)|2007/06/24

今日紹介するのはVistaで使われているサイドバーそのものを利用できるツール
マイクロソフトのギャラリーからDLしたガジェットも動くとのこと
手順が少々複雑でわかりづらい所もあると思います

今回の記事の内容に挑戦し、PCに何らかの影響が出ても責任はとれません
それでも挑戦したいって方は「復元ポイント」を先に作っておくことをお勧め
人柱上等って方は是非導入してみてくださいな

【導入手順】
①まずは「IE7」と「WindowsMediaPlayer11」を使ってるPCに導入する
すでに導入している方はこの項目をとばしてしまってかまいません
まだ導入してない方はMicrosoftから正規のWindows認証を受ける必要があります

Microsoft
http://www.microsoft.com/
「IE7」と「WMP11」の導入が完了したら再起動をしておきましょう

②下記に記載する三つのサポートプログラムを導入する
XML CORE SERVICE 6.0
無線LAN API
.NET Framework 3.0
上記三つの導入が終わったら「WindowsUpdate」でアップデートとし再起動

③次にXP上でサイドバーを起動させる為の補助ツールをDLする

・VAIO XP Build #2 Release 3.4
・Vista RTM Fonts
・Vista RTM Sidebar for Windows XP
・Gadget Settings Grabber
・Gadget Extractor
http://xiaoxiao.pod2.biz/vista.rar
※上記すべてをまとめた物をUPしたので使ってくださいな

④ここから非情に面倒になってくるのでよく読んで挑戦しましょう
まず「VAIO XP Build」を解凍してインストールをする
インストール終了後に「ライセンスを入力...」と出ますが無視してかまいません
コントロールパネルを開き「フォント」を選択し「RTM Fonts」を追加する
「RTMSidebar」を解凍したら「Sidebar」というフォルダを作成
作成したら「sidebar.cab」の中身をすべて「sidebar」の中に解凍する
「RTMSidebar」内の「Sidebar.inf」を右クリックし「インストール」を選択
「regsvr32.exe」が見つからないと表示されるので下記のファイルを指定し続行
[C:\WINDOWS\system32\ regsvr32.exe]
今度は「manifest.xml」が無いと出るので先ほど作った「sidebar」内の物を選択する
これで止まることなくインストールが始まるのでまったり待ちましょう
インストール終了後に「コマンドプロント」を起動させる
「コマンドプロント」を起動させたら以下の文章を貼り付け「Enter」を押す
["C:\Program Files\VAIOXP\Tools\regtlib C:\Program Files\Windows Sidebar\Sidebar.exe"]
「Gadget Settings Grabber」と「Gadget Extractor」は解凍してインストールするだけ

サイドバーの導入手順は以上で終了
デフォルトでは標準でVistaに入っているものとそのアレンジ版が同梱

ほかのガジェットを追加したい場合は公式サイトから持ってきましょう

Windows Live Gallery
http://gallery.live.com/Home.aspx
※ガジェット導入方法はVistaと同じですが、導入失敗時なのでダイアログは非表示
なので多少挙動が怪しいガジェットがあるので注意すること

ソース元
http://www.wincert.net/forum/index.php?showtopic=485
http://blogs.yahoo.co.jp/momo_poem/692482.html
カテゴリ : ツール記事のURL トラックバック (0)|2007/06/19

前々から紹介しようと思っていたのですが、日本語化パッチが見つからず四苦八苦
必死で探してみた所「おとと氏」がパッチを作ったようなので紹介
このツールは「BitComet」におけるDLの支援ツール的なもの
ほとんど設定がいらず、SpeedUp Proを起動させておくだけで効果を発揮してくれます
唯一設定する箇所はポートの設定
開放されているポート番号を指定するだけです

【使用するツール】

BitComet SpeedUp Pro
BCSUP.png【ツールの特徴】
・開放されているポートを指定するだけでDL速度UP
・細かい設定が必要ないシンプルなメニュー
・使ってみるとわかる体感速度
【サイトURL】
http://www.boostyourdownload.com/



【使い方】
①上記のサイトから「BitComet SpeedUp Pro」をDLして適当な場所に保存
保存したインストーラーを起動して「BitComet SpeedUp Pro」をインストールする
インストールが終わると自動的に起動するかどうか聞かれるのでご自由に

②このツールを使うためにポート開放をしましょう
ルーターには種類があり、ここで細かく書けないので下記のサイトを参考に

KAGEMARU-info
http://www.akakagemaru.info/port/
自分もポート解放する時にお世話になりました><
開放できない!って方はダメ元で「UpnPCJ」を使ってみてください

③次に下記のサイトから日本語化パッチを持ってくる

おととが作った日本語化パッチ置き場(ry
http://ot-inc.nowa.jp/
http://ot-inc.nowa.jp/entry/8606b7e6ad
※サイト名が長すぎなので割愛させていただきました><

日本語化パッチをDLしたら下記のフォルダにぶっ込んでパッチを起動
[C:\Program Files\BitComet SpeedUp Pro]
※Verがあってなかったのか自分の環境では日本語化できずorz

③日本語化が終了したら「BitComet SpeedUp Pro」を起動させる
「RUN」を押して「BitComet」が無事に起動すれば完了
もしここでエラーが表示された場合はポート開放がうまくいっていません
もう一度きっちり開放できているか確認してみてください
起動したら後は普通に「BitComet」を使えば大丈夫

難点はこれを使ってるとネットがめっちゃ重くなるってこと><
カテゴリ : ツール記事のURL トラックバック (0)|2007/06/13

今日紹介するツールは韓国産プレイヤー「KM-Player」です
MSNの方で教えてもらって使ってみたのですが、めっちゃめっちゃ便利
簡単な機能を紹介しますと「.zip」や「.rar」が読み込めが可能
WinAMP用のコーデックが読み込めたりといろいろな機能が付いてきます
音声コーデックも、AC3、DTS、MPEG1、2、AAC、WMA 7、8、OGGなどをサポート
マトリックス機能/ノーマライザー機能を追加的にサポート

「おとと」さんありがとうございます><

【使用するツール】

KM-Player
KMPlayer.png【ツールの特徴】
・WinAMP用のプラグイン対応
・「.zip」などの圧縮ファイル読み込み可能
・再生に必要な必須コーデックを内蔵
【サイトURL】
http://www.kmplayer.com/forums/



【使い方】
①上記のフォーラムから「KM-Player」をDLして適当な場所に保存
保存したインストーラーを起動しインストール中の言語を「English」選択
条約に同意してインストールするタイプを選ぶ場所があるので「Full」を選ぶ
あとは最後までインストールすれば完了

②下記のサイトから「KM-Player」の日本語化パッチをDLしてくる

TiltStr::不定期版
http://tiltstr.seesaa.net/
日本語化パッチをDLしたら以下のフォルダの場所に「.ini」ファイルを移動させる
[C:\Program Files\The KMPlayer\Language]

終わったら「KM-Player」が日本語になっていることを確認したら完了
基本的な使い方は「GomPlayer」となんら変わりませんが、機能的に優れてます
「KM-Player」のインターフェイスに気に入ったのは内緒
カテゴリ : ツール記事のURL トラックバック (0)|2007/06/10

今日紹介するのは2Dアクションパズル「 N - a unique 2D puzzle」
ゲームの内容は敵から逃げ回りつつ金を集めゴールするだけ
しかしこのゲームには嫌らしいところがあり、高い所から落ちると死にます><
ライフ制限がないため何度も繰り返し挑戦することが可能
金を集めて時間を増やして完全クリアを目指しましょう^^

ちなみにユーザーが投稿したステージは鬼のような難易度
緋狐だと下のSSがぐちゃぐちゃになりますので悪しからず

【 N - a unique 2D puzzle ScreenShots】
n_2D.pngn_2D3.pngn_2D2.png

【サイトURL】
http://www.harveycartel.org
※起動するのにFlashPlayerが必要

【操作方法】
↑/↓/←/→:移動
Shift:ジャンプ
※設定画面により変更可能
カテゴリ : Flash記事のURL トラックバック (0)|2007/06/08

  うほっ ( ゚д゚)  moon
   \/| y |\/

      ( ゚д゚)うほっmoon
      (\/\/
このふたつをあわせて

--------Excite英→日翻訳----------
http://www.excite.co.jp/world/english/

      ( ゚д゚ )********
      (\/\/

      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |

【追記】
コメントでもさんざん言われている通り「超既出」
ネタがないとかそんなんじゃなくて、知らない人に楽しんでもらえれば幸い
しかし、このネタいったいいつのネタなのかさえ自分でも覚えてない><
あと「Come」には「○液」とか「射○」って意味もあるんだぜ?
たぶん「ねーよwwww」って言われるかもしれないけれどこれは事実
電子辞書持ってる方は「英和辞典」で調べてみてください
「Come」っていう単語の意味の一番下にあります
カテゴリ : ネタ記事のURL トラックバック (0)|2007/06/04

最近引っ越しをしたためかなぜかポートが閉鎖
自力で解放しようと、IPを固定してルーターの設定画面で設定しても解放不可能
ものは試しだ!っていうことでこの「UpnPCJ」を使ってみたらあっさり完了
これでラジオができるようになったので自己満足した俺ガイル
ってことでポート解放できない方は使ってみてはどうでしょうか?

【使用するツール】


UpnPCJ
Upnpc.png【ツールの特徴】
・クリック一つでポート解放が可能
・アドレス変換やIP固定もこのツールで可能
・Upnpに対応してないと使えません^^
【サイトURL】
http://umemasu.hp.infoseek.co.jp/upnpcj/





【使い方】
①上記のサイトから「UpnPCJ」をDLして適当な場所に保存する
保存した自己解凍形式のファイルを起動し、「UpnPCJ」を展開する
展開が終わると「ウィザード形式」でのポート解放画面が出ますが閉じてください

②デスクトップ上にある「UPnPCJ (手動開放)」を起動する
起動したら「WAN_PORT」に解放したいポート番号を入力
ポートタイプを使用するものにあわせて「TCP」か「UDP」に変更する
「LAN_PORT」は入力しても、しなくても大丈夫です
「IP」は初期値のままいじらずに「①自動」の部分を変更するだけで十分
次に「WAN_IP」をクリックして「WAN IP」を取得する
最後に「Port開放」をクリックして「開放完了」と取得されれば終了

「⑧情報」の欄で「ルーターが見つかりません」と出たら
    →確認1:XPFW,市販FWの無効でも同じ?
    →確認2:UPnP機能が無効になっていませんか?

ウイルス対策ソフトの設定は各自で行うこと
結構設定し忘れでポート開放できてないということも十分にあります
カテゴリ : ツール記事のURL トラックバック (0)|2007/06/03
ブログ内検索

メニュー一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
相互リンク
かうんた~
ご意見・ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

ニュース欄
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。